Blog

事業再構築補助金 第3次 採択事例  生活関連サービス業・娯楽業

今回は、事業再構築補助金の採択事例のうち、生活関連サービス・娯楽業についてご紹介します。これらの業種のうち対面でサービス提供を行うものは、コロナ禍で来客数・売上が激減し、深刻な影響を受けました。このため採択事例では、IT技術を駆使して、対面からオンラインのサービス提供への転換が目立ちます。また、店舗でのサービスを提供していた業者が、自宅で受けられる新しいサービス提供を開始する事例もあります。

対面からオンラインへの転換

  • 映像制作業者が、オンラインスクールおよびオンライン映像制作を開始。
  • インバウンド旅行業者が、VR動画で日本をガイドする観光プラットフォームを制作。
  • 医療ツーリズムのコーディネーター業者が、海外患者向けのオンライン読影診断のための越境画像診断システムを開発。
  • ライブイベント企業が、ライブ配信システムを開発。

既存事業のノウハウを活かした新しいサービスの開始

  • 美容院が、スキンケア市場に参入し、美顔器・美容液の販売を開始。
  • クリーニング業者が、ハウスクリーニング事業を開始。
PAGE TOP