融資・補助金申請サポート

設備投資をしたい、または新規事業を始めたい、でも手元資金に不安がある・・・そんな時は、融資や補助金の活用をご検討ください。弊社では、融資・補助金の申請サポートを承っております。

融資・補助金申請サポート メインイメージ

1. 融資

融資は、日本政府が出資する日本政策金融公庫、民間のメガバンク、地銀、信用金庫等に申込みます。各金融機関で融資条件の厳しさや融資のスピードなどの違いがあります。いずれの金融機関でも、融資申込にあたっては主に下記の書類の提出を求められます。また、特に日本政策金融公庫の場合は、面談があります。

  • 2~3年分の決算書・直近の試算表
  • 2~3年分の税務申告書
  • 見積書(設備投資の場合)
  • 事業計画書

弊社では、融資サポートとして主に以下のサービスをご提供しております。

✔ 融資申込前に資金繰り表を作成し、返済可能額を検討
✔ 金融機関に提出する決算書・試算表の作成についてのアドバイス
✔ 事業計画書の作成、および作成後のモニタリング
✔ 金融機関との面談の予行演習

事業計画書の作成料につきましては、中小企業庁の「経営改善計画」事業を利用することで上限200万円、「早期経営改善計画」事業で上限20万円の補助を受けることができます(詳しくはこちら)。ぜひご利用ください。

2. 補助金

1. 補助金とは

補助金とは、国や自治体がその政策目標に沿った事業を行う事業主に対して交付するお金です。たとえば、2021年3月から始まった「事業再構築補助金」は、「ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために」、「思い切った事業再構築」をする中小企業を支援することで、「日本経済の構造転換を促す」ことを目的としています。したがって、事業再構築補助金の申請をすると、審査でこのような目的に合致しているかどうかを厳しく審査されます。審査に通らないと補助金は受取れません。

補助金と似たものに「助成金」と「給付金」があります。コロナ禍で交付された「雇用調整助成金」や「持続化給付金」はニュースで目にされたこともあると思います。これらは一般的に条件を満たせば受取れるため補助金よりはハードルが低いですが、申請書類の作成に手間がかかるものも多くあります。弊社では、補助金申請サポートのみをお受けしており、助成金と給付金の申請サポートはお受けしておりません。

また、補助金申請サポートにつきましては、法人のお客様のみお受けしております。

2. 主な補助金の概要

以下はよく検討される補助金です。(もっと詳しく知りたい方はこちら

 

小規模事業者
持続化補助金

ものづくり
補助金

事業再構築
補助金

目的

販路開拓

革新的サービス開発

事業の再構築。

補助金上限

(通常枠)

50万円

1,000万円

8,000万円

利用例

新規事業のためのホームページ作成や設備購入/店舗改装/国内外の展示会出展

歯科医院の新設備購入/製造業の新規機械購入/低感染リスクのためのVR設備導入

衣料品店がネット販売に転換/航空機部品製造業者が医療機器部品製造を開始

PAGE TOP